探査機『InSight』が火星で録音した奇妙な音…異星からのメッセージ?

現在、火星地表でさまざまな調査を行っている火星探査機InSight。そのInSightが搭載していた機器に、奇妙な音が記録されていたとNASAは発表した。

これまでも多くの探査機が火星の表面やその上で撮影された写真を地球に届けてくれているが、火星から届いた音源は非常に珍しいものと言えるだろう。

関連記事

火星探査機の動画に謎の青い発光体が捉えられている!?




InSight着陸機の地震計を使用して作成された最新の録音データには、2019年3月6日にピックアップされた地震の「ノイズ」の音波化が含まれている。その音源を強化してみた所、奇妙な音が収録されていた事が判明したのだという。

とはいえこの音は何も不思議なものではなく、NASAによると、火星地表を吹く風の音や、InSightのロボットアームが伸び縮みする際の音、温度計の内部の部品が温度の変化に応じて動くことによって生じる摩擦音にすぎないという。

それでも火星の地表で拾われた珍しい音源に変わりはない。これらの奇妙な音は、NASAによって公式動画としてネット上に公開されている。以下のURLにて問題の音声を聴くことができるので、興味がある人は見てみてはいかがだろうか。




関連動画
Listen to NASA’s InSight at Work on Mars

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIRO4D PIXABAY


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る