新種のモスマンか?全身灰色の奇妙な生物が目撃される

アメリカで有名な未確認生物の中に、不幸の前兆とされるモスマンがいる。

全身が黒く毛むくじゃらで、背中には大きな翼があり爛々と光る赤い目をしていると言われている。そんなモスマンと何らかの関係があるのか?と言われている未確認生物が新たに目撃された。

関連記事

予言獣とUMAモスマン、不吉の前兆




2018年8月27日午前4時10分頃、ネバダ州にて高速道路を走行中だった男性の前に、奇妙な生物が舞い降りたのだという。その生物は非常に背が高く、7フィート以上あったという。人間のような体だが全身が灰色で頭部らしき箇所に顔は確認できなかった。

体の両側から非常に大きな翼が生えており、地面に着いた時にはまるで衝撃を支えているかのように翼を体に巻き付ける仕草を見せたという。その後、問題の生物は頭を少し下げたような姿勢で路上に立っていて動く様子が見られなかったという。

このままでは衝突してしまうと考えた目撃者は、左右にハンドルを切ってアクセルから足を離し、減速して急停車できるようにして生物の横をすり抜けたという。通り過ぎた後にバックミラーで生物の方を確認したが、暗すぎてもう何も見えなかったそうだ。




また、彼の車の前後約0.5マイル離れて車が走っていたそうだが、他の車に乗っていた人が同じものを見ていたどうかは解らないと語っている。

果たして、彼の目撃した生物は何だったのか。海外の未確認生物関連サイトをはじめ多くの人が彼が目撃した生物について追跡調査中だそうだ。

関連動画
Mothman Monster- Real or fake?

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©billschannel YouTube


関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る