隠蔽工作…それとも圧力?「月面の巨人」が消えた!

以前、アトラスではGoogle Mapsの月版であるGoogle moonにて、月面に立つ奇妙な巨人のような影が存在していると紹介した。

月面に斜めに傾いだような細く黒い人影が存在しているというもので、Google moonのスケールと考えるとかなりの大きさになる。この影については宇宙人等の説が当初から囁かれていたが、何とつい先日Google moonから消えてしまったというのだ。

関連記事

やはり月面には異星人がいた!? グーグルムーンに謎の巨人




オカルト系YouTubeチャンネルのThe Grimreeferは、先日この月の人影に関する最新情報と謎を公開すると主張して動画をアップロードした。

その動画で投稿者は「この人影が実在するか、単なるピクセルが人影のような形をしているに過ぎなかったのかは解りません。しかし後者であった場合、なぜグーグルはそれをエアブラシで消したのでしょうか?」と語っている。

また、これまで謎の人影が写っていた箇所からズームアウトさせていくと、まるでフォトショップで編集した痕跡のように見える広い画像の帯が月の周囲を取り囲むように表示されるのが確認できるのだ。果たして、これは何を意味するのだろうか。




まさか本当に「存在してはいけないもの」が写ってしまったため、隠蔽したというのだろうか。問題の動画は多くの再生回数を誇り、コメント欄では視聴者が意見を戦わせている。

あなたも「月の巨人」のミステリーに挑戦してみてはいかがだろうか。

関連動画
Weird shadow person caught on snap chat story & large figure on google Moon (Disclose Screen)

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Disclose Screen ‘The Grimreefar’ YouTube


関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る