オカルト界にニュースター誕生、その人は…北乃きい!

2019年9月22日放送の『おしゃれカンケイ』(日本テレビ系列)にゲスト出演した、北乃きいの意外な一面が注目されている。

北乃本人が語ったことには、子供のころから霊感が強く、幽霊など普通の人には見えないものが「見える」という。

関連記事

祝卒業!! 北乃きい「ZIP!」の司会 「遅すぎた」という批判も




北乃は小さい頃から幽霊をよく目撃していて、日常生活を送っていても目にしてしまうことから、20歳を機に霊感スイッチを自らONとOFFに切り替えられるようにしたというのだ。

彼女が幽霊を多く目撃するのは川や海などの水辺のほか、意識的にスイッチをOFFにしていても強力な幽霊だった場合は頭に侵入してくることがあるという。また、特にテレビ局のスタジオには無数の怨霊がうごめいていると語ると、番組の共演者たちはいっせいに驚嘆の声をあげていた。




北乃は『世にも奇妙な物語』(2008春の特別編「透き通った一日」)、『ほんとにあった怖い話 15周年スペシャル』などの恐怖ドラマに主演していたが、心霊体質であることはこれまでテレビなどで一切語ったことがなかったため、今回の告白はファンに大々的な衝撃を与えたという。

なお、単に心霊現象が見えるなどの恐怖体験だけでなく、自ら霊感のON・OFFができるような女優となるとかなり珍しい存在であることは間違いない。番組内ではくりぃむしちゅーの上田晋也も言及していたが、霊能者として来年夏のオファーが増えそうな気配が大いに感じられる。

どうやらオカルト業界にニュースターが誕生したようである。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『K(CD2枚組+DVD)


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る