【放送事故】なんだこれ!視聴者をバカにしてるのか?

2019年9月22日に放送された『世界のド肝を抜いた!衝撃“神”映像・2時間SP★爆笑&ド迫力映像クイズ祭り』(TBS系列 20~22時)の番組内容がネットで物議を醸している。

本番組はTBSにアーカイブ所蔵されているハプニング映像、海外から買い付けた映像、またはインターネット上にアップされたおもしろ動画をクイズ形式で紹介。出演者は南海キャンディーズ、パンサーの向井慧、菅良太郎らであった。

関連記事

バナナマン不憫!またもや発覚した担当番組の大暴走




ところがこの番組、放送が始めるや否や、「なんだコレ?放送事故?」「あまりに視聴者を馬鹿にした番組だ!」「なんども繰り返し同じ映像を見させられている」というようなネット上で非難ごうごうの声が相次いでいたのだ。

番組は先述の通りハプニング映像を多数紹介するはずなのだが、その多くは既に他の番組で放送済みのものや、同じ映像を繰り返し流すなど、2時間の放送中に紹介された映像の数は他の類似番組と比べて、実に半分くらいの内容であったという。

当然「この後、何が起こるか」を予想するクイズ番組という性質上、何度も同じ映像が流れるのは仕方ない側面もある。しかし、明らかに用意している映像が足りないことは視聴者にも見え見えであったために、ネットでは「放送事故」とも揶揄されていたようだ。




なお、この件に関して推測ではあるが、背景に映像の加工問題で放送が休止となった「消えた天才」が大きく関わっているのでは…と噂されているようだ。

休止になった「消えた天才」は毎週日曜20時からの1時間番組であったことから、「世界のド肝を抜いた!衝撃“神”映像・2時間SP★爆笑&ド迫力映像クイズ祭り」は「消えた天才」の代替番組として急きょ企画されたために2時間放送するにも時間が余り、結果的に使い回しの映像だらけになったのではないかと多くの視聴者から想像されている。

これ以上に問題が噴出しないようにTBSには猛省を促したい。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像©写真素材足成


関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る