バナナマン窮地…また番組が!そろそろお祓いが必要では?

2019年9月19日、単発バラエティ番組『笑いが無理なら体張れ』(TBS系列 深0:01~9月26日放送予定)に出演していたお笑いトリオ「ネルソンズ」の青山フォール勝ちが収録中の事故により全治8週間の怪我を負っていたことがわかった。

この番組はタイトルの通り、若手芸人たちが体当たりでゲーム企画に参加する形式で、今年1月に第一弾が放送され好評だったことから、第二弾の放送が決まったという。現状に於いて放送は予定通り行われるらしく、TBS側は「より一層の安全管理に勤める」とコメントしている。




さて、TBSといえば、先日もレギュラー番組『消えた天才』がVTRを早回ししたことにより番組が休止。さらに翌週には同じTBSの『クレイジージャーニー』が、希少動物を撮影前に放ち、さも現地で捕まえたかのように演出したことを認め、同じく休止となっている。

関連記事

バナナマン不憫!またもや発覚した担当番組の大暴走

また、ATLASの既報通り、これら番組のMCがお笑いコンビ・バナナマン(クレイジージャーニーは設楽統のみ出演)ということで、同情の声が集まっていることを紹介していた。

実は今回、事故のあった番組『笑いが無理なら体張れ』もMCはバナナマンのふたりなのである。ということは、9月の間に3回も番組の不祥事に巻き込まれたことになる。




この状況にネット上では「可哀相」の声を飛び越えて「何か悪いものが憑いているのでは?」「お祓いとかした方がいいのでは」との声が徐々に増え始めたようだ。

確かに、ここまでトラブルが連続すると、何かヘンなものが憑りついている可能性が考えられなくもない……。

2019年も残すところ3か月余りであるが、今後は彼らに何も起こらないことを祈りたい。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『bananaman live one-half rhapsody [Blu-ray]


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る