【放送事故】氷川きよし、歌詞間違い…その後の身振りが可愛すぎ

2019年9月17日に放送された『うたコン』(NHK総合)において、歌手の氷川きよしが歌詞を間違える放送事故が発生した。

この日、氷川は『ドラゴンボール超』の主題歌「限界突破×サバイバー」を生放送で歌唱。当初は問題なく順調に歌っていたが、クライマックスで、堂々と歌詞を間違えてしまった。

関連記事

【芸能都市伝説】細川たかし、生放送会場騒然…歌詞間違いはネタだった!?




氷川は途中で歌詞間違いに気が付き、出番が終わった後はペロッと舌を出し、「失敗した!」という表情を見せた。

各種週刊誌でも話題になっている通り、氷川は最近、女装で番組に出演することが多く、言動も「オネエ」っぽくなっているなど路線変更が話題になっている。これらのことからも、今回の『てへぺろ』ジェスチャには多くの視聴者が注目していたようで、TwitterなどのSNSでは「氷川きよし」がトレンド入りするなど大きな注目を集めたようだ。




なお、演歌歌手で「歌詞間違い」といえば、『浪花節だよ人生は』などのヒットを持つ細川たかしが有名である。

今回の氷川のセルフフォローは細川ほどではないが、なかなか印象に残るお詫びパフォーマンスだったのではないだろうか。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『B07VKVVC18


関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る