幕張のどこかの駅、「この駅はおかしい」と言いながらぐるぐる回る老人

投稿 ゆるさん

ゆるです。

2017年6月に幕張メッセまで行く途中の話を投稿します。

午前9時ごろ、都内から電車に乗って海浜幕張駅に行きたかったのですが、どこかで乗り換えで間違って違う路線に乗ったことに気づきました。気づいていくつか先の駅で降りたのですが、その時150人くらいの乗客がどっとホームに降りました。

私は、ホームにすごい猫背の変なおじいさんがいることに気づきました。

関連記事

深夜、山中で営業している鉄板焼き屋




そのおじいさんは、ホームの真ん中で半径3mくらいを「この駅はおかしい、この駅はおかしい、この駅はおかしい……」と独り言を言いながら左回りにぐるぐる回っていました。

乗客は、150人も降りてきたのに不思議とその円には入らず早い速度で階段に向かっていました。まるで乗客は気づいていません。

私は、反対側のホームから電車で戻ろうとして乗客の降りた4m幅の階段を降りたが、それは別の路線のホームで、私が乗ってきた路線とほぼ直角に交差していました。そこには、改札の表示はありません。

もう一度、階段を上がって元のホームに戻ったのですが、そのおじいさんは、まだ独り言で「この駅はおかしい、この駅はおかしい、この駅はおかしい……」とぐるぐる回っています。

ホームにはおじいさんと私の2人だけです。もしかしてこのおじいさんは幽霊ではないのかと思いました。私は、表示板がなくて、どうやって反対側のホームに行けばいいのか本気で迷っていました。

まさに私の方が、「この駅はおかしい!」と思っていました。




もう一度、階段を降りようとした時、さっきは、気づかなかったのですが、階段を数段くらい降りると右側に2m幅の別の階段を見つけました。

10秒くらいで階段を降りると10mくらい先が、改札でした。振り返ると突き当たりに反対側のホームに上がるガラス張りのエレベータが見えました。

するとなぜかさっきのおじいさんが立っているのです。私は、スーツケースを持っていたのでそのエレベータに乗りました。私は、そのおじいさんを初めて見た時に幽霊だと確信していたのですが、今回は試しに話しかけようと思いました。

エレベータに乗るとこちらに目を合わせて来たので、「乗りますか?」と声をかけると何も言わず乗ってきました。おじいさんは、私の後ろに立ちました。

数秒で反対側のホームの上がって、エレベータを降りて振り返るとそこには誰もいませんでした。

その駅の名前は覚えていませんが、珍しい聞いたことのない駅名でした。路線は上りと下りのみでホームも2つのみ、階段を降りると直角に交差している別の上下路線でした。

周りに大きな駅ビルやテナントビルはありませんでした。郊外の閑散とした駅です。今、地図や画像を調べてもどこの駅かわかりません。

私の降りた駅がわかる人は教えて欲しいです。

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©MET Jeong PIXABAY


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る