俳優・中井貴一、建物や土地の負のエネルギーを感じる事ができる!

三谷幸喜監督の新作「記憶にございません」の主役を務める俳優の中井貴一。

プロモーションも兼ねて2019年9月11日、フジテレビ系列で放送されたTOKIOの番組『TOKIOカケル』に出演した。

関連記事

中井貴一の父、大船撮影所のマドンナと小津安二郎監督の目を盗んで交際!?




同番組で中井は自らの不思議な能力について披露した。

なんと建物や土地にまとわりつくマイナスのエネルギーを感じとってしまうのだ。この能力は昔ニューヨークに行った時、自分がいる場所から遠く離れている建物から黒いエネルギーが流れてくるのを感じてしまい、以来どんな建物に行っても感じるようになった。




きつい場所に行ってしまうと、気分が悪くなり、あからさまに体調が変化するという。

友人の家とかで負のエネルギーを感じた時は、相手の気分を害さないように窓を作ることを勧める。最近、自分が気に入って購入した物件がヤバイケースであった。一階は気持ちが良いのだが二階はどうしても体調が悪くなる。そこで窓を作り気の流れを変えると、中井の体調が悪化することはなくなった。

(和田大輔 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『RAILWAYS [レイルウェイズ] [DVD]

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る