亡くなったワンコがペットボトルを鳴らして合図する

投稿 匿名希望

うちの子が亡くなる少し前に動物病院に入院している時。私が夜ベッドで寝ていると胃の辺りが重たくなりその重たさが入院している子と同じくらいの重たさがだったので、亡くなったんじゃないか?と心配になって朝一番に病院に電話しました。

看護士さんが頑張ってくれていますよと言われて安堵しました。




それから間もなくしてあの子は亡くなりました。

お葬式をしていただいた所が月一回、動物合同慰霊祭をされているので49日が近い12月に合同慰霊祭に行きました。

お坊さんからのお話を聞いている時に胃の辺りが熱くなり12月で寒いのに胃の辺りだけ熱くなってコートをめくらなきゃ熱い位で。地肌にホッカイロを当ててる感じの熱さでした。

きっとあの子なんだと私は思いました。




それからあの子がいつも座っていた場所を写真に撮るとあの子がぼんやり写ったり、あの子に飲ませていたお水の入ったペットボトルをずっと置いているのですが、引き出しの中に入れているのに、すごい音で今でもバキッと鳴ります。

たまたま遊びに来ていたお友達も数人その音を聞いて、あまりの大きな音に驚いていました。
今でもペットボトルは鳴ります。

ママ、帰ってきたよ、遊びにきたよとあの子が教えてくれているんだと思います。

寂しさのあまりアニマルコミュニケーションというのをある先生にお願いしているのですが、私とあの子しか知らない事を先生からあの子からのメッセージだと話して頂き、それがあまりにも多くて動物の魂はちゃんとあるんだと確信しています。

長々とすいません。

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©cocoparisienne PIXABAY


関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る