『水ダウ』オードリー春日アパート、次の住人が決まらぬ理由

2019年9月4日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系列)で新企画として、コンビ芸人のオードリー・春日俊彰が長年住んでいたアパート「むつみ荘」(東京都杉並区)に「住みたい芸人」を募集すると発表された。

番組によると、春日は結婚により近日中に「むつみ荘」から別の住宅に移ることが発表されていることから、このアパートの部屋に新たな住人を募集するという企画らしい。

関連記事

【芸能都市伝説】オードリー春日、恐怖のドケチ!芸人なのに後輩に奢らない




また併せて「2代目春日オーディション」も同時に行われるといい、『水曜日のダウンタウン』は「むつみ荘」の今後の変化をしばらく追っていく予定だという。

むつみ荘は、オードリーの二人がブレイクした後、知名度が急激に上がってしまい、現在では春日がアパートの全部屋を借りあげ、実質管理人のような状態になっているという都市伝説もあり、春日の「むつみ荘」伝説は『水ダウ』の企画によってまだまだ続くことになった。

ところが、この企画の裏には春日側ののっぴきならない、ある事情が存在していたようだ。




それは、春日はむつみ荘を退出する際、先月8月21日の『ソレダメ!』(テレビ東京系列)における「むつみ荘のハウスクリーニング企画」で春日は後輩芸人たちに「オレの代わりにむつみ荘に入らないか」と一生懸命、口説いていた。しかし、6畳半に風呂ナシかつ、住所が多くの人間にバレバレのむつみ荘に住みたがる芸人など誰もいるはずもない。

そこで、困っていた春日のもとへ『水ダウ』が助け舟として今回の企画を立ち上げたのだという。

これまでストーカーによる壮絶な人的被害などもあった、むつみ荘。果たして次の住民はいつ、どのような芸人が入居してくるのだろうか…。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『オードリーとオールナイトニッポン 自分磨き編 (扶桑社ムック)


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る