【都市伝説】逮捕の坂口杏里、ズレたメガネに注目集まる!?

2019年8月28日のこと、元タレントの坂口杏里容疑者が元交際相手のホスト男性の自宅マンションに侵入したとして警視庁中野署に逮捕された。

報道によると、坂口容疑者は8月27日午前8時半頃から午前9時15分頃までの45分間、東京都中野区にある元交際相手の男性の自宅マンション内に侵入した疑いが持たれている。

関連記事

衝撃か?笑劇か?マスク姿の坂口杏里「カワイイ!」と話題!意外な才能を発掘!?




坂口容疑者は犯行を否認しているという。

坂口容疑者逮捕の報道はすぐにネットで拡散され、またテレビ中継もされたのだが、その際、彼女の容姿に注目が集まったという。

坂口容疑者は青いシャツに長い髪、口にはマスクをしており、目にはメガネをかけていた。ところが、ネットでは坂口容疑者の犯行そのものよりも警察署に連行される際にかけていたメガネに注目が集まったのである。




坂口容疑者は大きな黒縁メガネをかけていたのだが、なぜか、このメガネが吉本新喜劇に出てくる登場人物のようにずっとズレていて、「坂口杏里のメガネが気になって仕方がない」「彼女なりの新しいスタイルなのかな?」といった声が集中していたようだ。

このズレたメガネの裏には「坂口杏里の心理描写の現れ」「世間とのズレの自己演出」など様々な都市伝説的な憶測がされていて、逮捕から一晩経過した現在も盛り上がっているという。

関連動画
坂口杏里容疑者を逮捕 元交際男性の自宅に侵入か(19/08/28)

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像©Free-Photos PIXABAY


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る