買い物から帰ってきたら「死体」が車に置かれていた!?

ニューヨークで買い物をしていた女性が、衝撃の恐怖体験をしたとしてアメリカで話題になっている。

彼女はトラックで買い物のために店を訪れ、駐車場に車を停めておいた。買い物が終わって戻ってくると、なんと車に見知らぬ男性の死体が乗っていたのだという。




ニューヨーク州ナイアガラ郡ニューフェインにて発生したこの事件は、現地警察が即座に捜査に入っている。

女性はいつこの男性が乗せられたのか認識しておらず、何者かによって捨てられたのか、それとも男性が自分で女性のトラックに乗り込んで死んだのかは不明となっている。




亡くなった男性はおそらくヒスパニック系で身長は5フィート8インチ、年齢は40~50歳と言われている。亡くなった時の格好はジーンズと明るい色のシャツを着ていたそうだ。

ナイアガラ保安官事務所は、死体検査のために遺体を送検。身元や事件の詳細を捜査中とのことだ。

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Peter H PIXABAY


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る