【驚異】横浜流星「気配切り」、超人的身体能力を生放送で披露!

2019年8月24日~25日かけて放送されている、今年の『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系列)で若手俳優、横浜流星による驚異の身体能力がネットで大きな話題になった。

この日、『24時間テレビ』では同局のバラエティ番組『嵐にしやがれ』の人気コーナー「THIS IS MJ」のライブバージョンを放送。「THIS IS MJ」は、嵐のメンバー松本潤ことMJが「カッコイイ」と言われるため様々な事で体を張るロケ企画で、今回は目隠しをして相手を切る「気配切り」に出演者数名とチャレンジすることになった。

関連記事

【お茶の間戦慄】「ママ、ヤギさんが…」戦隊シリーズ、セクシー場面全国放送




トーナメント方式でゲームは行われたのだが、横浜はどうやらこの競技が得意らしく、その才能ぶりをいかんなく発揮したのだ。

まずは開始の合図と共に対戦相手の嵐メンバーの大野智へととびかかり、1点をもぎ取った。

なお、「気配切り」は目隠しだけではなく、平衡感覚をなくすためその場でグルグルと廻る。つまり三半規管をコントロール出来なくされるのだが、横浜は乱れることなく大野の気配を読み、一発を喰らわせたのである。




横浜は2014年に放送されたスーパー戦隊シリーズ『烈車戦隊トッキュウジャー』にトッキュウ4号/ヒカリ役でレギュラー出演していた。特技は極真空手で、中学3年生の時には世界大会で優勝している経験があるなど、アクションはお手の物だが、ここまで早く決着がつくとは横浜自身もビックリだったようである。

もっとも、その後はあまり才能を発揮できなかったのか、俳優の田中圭相手に苦戦し、勝負がつかず引き分けに終わるなど、微妙な結末に終わってしまった。

優れたポテンシャルの持ち主には間違いないが、成功率100%とはなかなか上手くいかないようだ。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『【Amazon.co.jp 限定】横浜流星2020年カレンダー 限定絵柄生写真付


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る