NHK『この世界の片隅に』に対抗!?あの裏番組がマジになった…

         画像©日立 世界ふしぎ発見!|TBSテレビ公式ウェブページより

2019年8月3日、NHK総合で片渕須直監督によるアニメ映画『この世界の片隅に』が地上波テレビで初放送された。

単館上映作品ながら累計動員数200万人、興行収入27億円という大ヒット作となった、本作の初放送に関してSNSで『この世界の片隅に』がトレンド入りするなど大きな注目を浴びていた。

TBSドラマ版に対して、アニメ版『この世界の片隅に』が一切関知せず




そして、その日は裏番組となった、教養クイズ番組『世界・ふしぎ発見』(TBS系列)では『この世界の片隅に』に対抗したのか、ある種の「禁じ手」が行われたようだ。

この日の『世界・ふしぎ発見』はアゼルバイジャン共和国の食文化をテーマに1時間放送されたのだが、なんと、番組司会者である草野仁自らがこの回のミステリーハンターだった。草野は「スーパーミステリーハンター」としてアゼルバイジャンを訪れたのである。




草野自身がミステリーハンターとなるのはかなり珍しく、いつも『世界・ふしぎ発見』を視聴しているファンたちは驚きを隠せなかったという。

大ヒットアニメ映画という、強力な裏番組を意識したのかはわからないが、『世界』をタイトルにした長寿番組の自負から、あるいは巧妙な戦略が練られたのだろうか。

裏を返せば、我々に見えないところでは常に視聴率に対する熾烈な頂上対決が行われているのかもしれない。

新婚初夜に「傘は持ってきたか?」とは?

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る