女性を狙う闇組織!?

いつからか現代人に必要不可欠なコミュニケーションツールとして老若男女問わず利用されているSNSだが、顔を合わせなくとも見えない人の輪が増えていき男女の出会いのきっかけにもなる。

フリーランスという自由そうでいてつい閉塞的になりやすくもある作業環境で仕事をする筆者にとっても、SNSは楽にいろんな方々と繋がることができる非常に便利なツールである。上手く使いこなせば、仕事やプライベートの関係を充実しやすくできる。

だが便利過ぎるがゆえに、いつ誰が犯罪に巻き込まれてもおかしくないため注意も必要である。筆者もツイッターやラインで不審なメッセージが送られてくることがあるが、SNSを利用していると同じような体験をされる方は決して少なくないのではないだろうか。

中でも恋愛感情を利用して女性から金品を騙し盗る、女の敵と吐き捨てたくなるような国際犯罪グループがSNS上に潜んでいるようだ!

アメリカ合衆国でも被害が多発したが、最近は日本でも被害件数が増えているようだ。その犯罪組織は筆者がライターであるにも関わらず、こちらにまで魔の手を伸ばしてこようとしたことがついこの前あったのだ。SNSを利用して一体どのような手口を使ってくるのか、この場を借りて実体験も交えながら注意喚起を促したい。

筆者はSNSの中でも主にツイッターを毎日利用している。フォロワーさんから時々温かいDMを頂くこともあったり、相互フォローして頂いた際にも挨拶のDMを頂いたりもする。中には外国の方もおり、異国の景色や情緒をツイートで楽しませてもらっている時もある。

ある時もフォローして頂いた際にフォローバックを返した際、あるDMが送られてきた。

「世界にとって美しいものを選ばない。自分の世界を美しくしてくれるものを選んでください。おはようございます。」という変わった日本語のメッセージであったが、普通に「宜しくお願いします」とだけ挨拶文を返し仕事にとりかかろうとした午前中であった。

すると、「お返事ありがとうございます。お元気ですか。あなたは今日、朝食を食べましたか。」と普通に世間話を続けてきた。筆者は外出時と入浴時と就寝中以外は即レスすることを心がけているが、向こうも即レスで続けようとしてくる。

向こうは外国人名を名乗ってきた。アメリカ出身の米軍将校で、平和維持活動のためにシリアに派遣されていると自己紹介をしてきた。プロフィール欄を確認すると場所がUSAになっていたが、日本語で趣味などが紹介されていた。

そこに不信感を感じたため訊ねてみると、「親愛なる、私は日本語でさえずりをしているので私は日本についてのすべてが大好きで穏やかな国だからみんなが住むのを好むので、私は日本で良い、正直な友達がいたいと思います。」という返信がきた。




そもそも危険地帯で国を護る任務があるにも関わらず、ツイッターで見知らぬ日本人とこんなに長くやり取りする暇な時間などあるのだろうか。

何時から任務なのかを訊ねてみると、「私は今、私の一般的な上司にいくつかの情報を送信しようとして、コンピュータ室にいます。」と返信がきた。筆者は「では、お仕事頑張ってください!」と切り上げようとしたにも関わらず、まだ話を続けようと返信がくる。

勤務時間帯にツイッターで女性にちょっかいをかけるなど職務怠慢と言いたいところである。

しかも彼はもう50歳手前で妻はもう亡くなっており、14歳の息子はアメリカの寄宿学校でいじめに遭い今はイギリスの寮にいるというような重たい話を急に始めるのも不自然であった。

仕事をしたいのでやり取りは後にして欲しいことを伝えたところ、向こうはラインのIDを教えてきた。筆者のスマホがキャリアの会社のものではない為、設定の都合上こちらから登録できないことを伝えるとQRコードを送信するように要求をしてきた。

詐欺グループとまだ知らなかった筆者はラインでもわずかの間だけ繋がってみた。「Have a nice day」と簡単な英語で締めようとすると、向こうから英語でのやり取りが可能かを訊ねてきた。

残念ながら英語だけでは限界があることを伝え仕事前に仮眠をとりたいと伝えると、「あなたの時間とあなたの素敵なメッセージに感謝します。」という返事と「THANK YOU!!」というラインスタンプが返ってきた。

一見レディファーストに見えなくもないやり取りではあったが不審に感じたため、ネットでの詐欺を検索してみた。すると、「国際ロマンス詐欺」についての情報がたくさん出てきた!!

関連動画
国際ロマンス詐欺…非情な手口で女を騙す外国人。




犯人は米軍や軍医になりすますパターンが多く、アメリカでは60代女性が日本では40代・50代の女性の被害件数が多いようだ。逮捕されたことのある犯人は、なんと日本在住のナイジェリア人とカメルーン人でグループによる犯行であった。いかにも翻訳機を用いた甘い日本語を使うだけでなく、ネットに載せてある米軍の写真などを悪用して騙すのである。

筆者のようなアラサー独身女性も恰好のカモにされやすいことは確かだが、意外に中高年のバツイチ・既婚女性の心の隙に入り込んでいく手口も多いようだ!!

ワケありなアラフィフティーの米軍男性が危険地帯で保護活動をしているなどというドラマティックな嘘の設定で、女性に同情や心配をさせ恋愛感情を抱かせる。毎日SNSでコミュニケーションをとり信頼させた後、高価なプレゼントを贈るための税関に払う手数料・休暇や退役のための費用・子供にかかるお金の工面など理由をつくり数百万という大金を女性に払わせようとするのである。

なんとも嘘のような巧妙な手口である。




だが本当に米兵や軍医であったなら、わざわざ女性に高額な請求しなくとも充分な経済力があるはずであろう。女性側も良い歳した男性を甘やかさずに、財布の紐と自分自身をしっかり持って緩めないで頂きたい。

幸いながら、検索した情報のおかげで筆者は大それた被害を免れた。午前中3時間という貴重な時間をロスしてしまったが、犯人のツイッターとラインアカウントは即通報・ブロックしラインQRコードも更新したら音沙汰がなくなった。

一つ気になったのはツイッターのDMでのやり取りしていた際に、スマートフォンに知らない番号から無言電話が一度だけかかってきたことだけが謎であった。もしかすると犯人側はこちらの番号まで探知できるのであろうかとゾッとしたが、その時だけでしかなかったので偶然かかってきた間違い電話だったのだろうか・・・

それからしばらく経っても、ツイッターで女性米兵を名乗る嘘くさいアカウントからDMがきたり他の米兵の偽アカウントからフォローされたりすることは時々ある。

不審なメッセージは無視して通報・ブロックし、なるべく怪しいアカウントはフォローしないように気をつけて頂きたい。女性の被害の方が比較的多く報告されているようだが、逆パターンで男性も被害に遭うケースもあるので油断大敵である!!

このような決して許されない犯罪行為を流行らせている闇組織のアジトはどんどん検挙され壊滅されて欲しい!!これ以上、貴重な財産と時間と心を奪われて傷つく被害者が出ないことを祈りたい!!!

(ふりーらいたー・古都奈 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©古都奈


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る