吉本興業の芸人による闇営業が社会問題となっているが、パワーハラスメントで宮迫博之田村亮の謝罪会見を阻止した疑いで社長をトップとする事務方への風当たりが強くなりつつある。

ダウンタウン・松本人志の強い要望もあり、吉本興業の岡本社長が謝罪会見を行ったものの、火に油を注ぐ形になり、世間の人々は当然の事、所属芸人たちも強い憤りをSNSで表明している。

吉本・岡本社長、その昔ブリーフ一丁で番組出演




すでに個人事務所を立ち上げている明石家さんまは、所属事務所が機能を失ってしまった他事務所の芸人たちを集めつつあり、独自の活動を始める可能性が高い。オフィス北野が崩壊したことにより、たけし軍団の松尾伴内を引きとったり、石井光三社長の死去により事務所への魅力を感じなくなったラサール石井も明石家さんまの事務所に合流している。

当然、長年の盟友である村上ショージもさんまの事務所のメンバーになっている。この他にも数名の芸人を抱えることで明石家さんま事務所がいきなりお笑いの大手芸能事務所として動き出す可能性があり得る。

さんまが他の事務所も含めて若手芸人たちと積極的に交流する番組を持っている理由が、ようやく理解できた読者も多いだろう。




自分の番組である日本テレビ「スッキリ」にて「社長が辞めないのであれば、自分が会社を辞める」と極楽とんぼ・加藤浩次が発言しており、予断を許さない状況になっている。加藤は相方の山本がなかなか復帰できなかった経過に対して今も怒りを感じており、今回それが爆発した形になっている。加藤や山本を慕う若手も多く、極楽とんぼを中心とした新しいお笑い事務所が新しく旗揚げされる可能性があり得る。

今回の問題点だらけの社長会見は、『吉本帝国』崩壊の始まりかもしれない。

(隼 英人 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Niek Verlaan PIXABAY


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る