SNS目立ちたがりアホ女、もうすぐ懲役20年の刑…

世界的規模で後を絶たない、SNSで人気者になったつもりの勘違い行為だが、現在、ある動画がアメリカで波紋を呼んでいる。

テキサス州ラフキン警察は不謹慎な行為をはたらいた女を緊急手配した。

女は地元のスーパーマーケット、ウォルマートで売り物のアイスクリーム「ブルーベル」を冷蔵庫から一度取り出し、おもむろに蓋を取ると中のシールを剥がし、中身のアイスクリームを舐め、それをまた冷蔵庫に戻すという、実に不快な愚行を動画にしてSNSに投稿したのだ。



動画は瞬く間にアメリカから世界中に拡散された。このことから、被害に遭ったブルーベルは急きょ、「私達のアイスクリームの安全は最優先事項です。そして顧客の最高レベルの信頼を維持するために懸命に努力します」と弁明に追われた。

また販売していたウォルマートも女が舐めたと思われる『ティンルーフ・フレーバー』の在庫を全て廃棄したという。

既にラフキン警察はこの女の身元を確認済みであるというが、仮に女がこの後、逮捕から起訴になれば「消費者向け製品を改ざん」した罪で20年の懲役刑が課せられる可能性があるという。






またこの他にも、SNS上にはやはり大型小売店で蓋を開けて一度口に含んだリステリンをボトルに戻す動画などが拡散されてアメリカ国内では大問題になっている。

日本でもバイトテロやコンビニでの不謹慎な行為を撮影した動画をSNS上に公開することが問題視されている。今後、このような愚かな行為を行った犯罪者にはアメリカの例のように厳罰に処してもらいたいものだ。

関連記事
今度は回転寿司で一度手をつけた皿をチェーンコンベアに戻す馬鹿者が登場!?
【ビックエコー都市伝説 】バイトが不衛生動画を投稿!犯人、既に特定?

(ジュリー・楊 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©ElasticComputeFarm PIXABAY


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る