自衛隊駐屯地 守衛所での怪異





投稿 匿名希望

これは本来、駐屯地名を公表できない内容なので、他で話す場合はごまかしてください。

場所は●●駐屯地の横の●●坂とかいう坂を上り切った所の左側の門の守衛所の話です。

この守衛所は夕方から翌朝まで開く門の守衛なのですが、僕が部隊配属になって初めての勤務の時に、当時の守衛所に入ろうとすると強烈な圧迫感があり、中にいた上官に「ここは何か心霊的な事はありませんか?」と聞いたところ、上官が「お前!それが分かるのか?」と腕を掴まれて奥の休憩所に連れていかれました。

そこも強烈な威圧感の空気が渦巻いてる感じの場所でした。

守衛は基本的に2人1組で行われるので休憩も2人同時です。

奥の休憩室のベッドで2時間の仮眠をしてると、もう一人のうめくような、う~ん、う~んと言う声が聞こえて、すぐに変だと起こしたら、誰かが顔の上に乗って何か話してる。その時は金縛りのようになってたそうです。

勤務が終わって部隊に帰ってから、いろんな人に聞いても ほとんどの人が何かしらの体験をしてたところだそうです。

(投稿 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る