新潟地震発生、前回からちょうど55年目!東京オリンピックの直前だった…





2019年6月18日22時過ぎ、震度6強の地震が新潟県の村上地方を中心として発生した。

北陸や山形にも影響が及び津波が沿岸部に押し寄せると警告がなされている。沿岸部にお住まいの読者のみなさんは、速やかに高台に避難していただきたい。

関連記事

台湾の地震研究所が指摘、熊本地震の次は北九州で大地震が起こる?玄海原発はどうなる?






地震というものは周期的に発生している。その周期を分析することは地震の予知、被害対策に役立てることができる。新潟地震と言えば今からちょうど55年前、昭和39年6月16日に発生している。 2019年6月新潟県では55年目ということで、地震に対する認識を高めるように呼びかけていたところであった。

しかも、昭和39年6月といえば、4ヶ月後に東京オリンピックを控えた時期であった。来年に東京オリンピックを控えている現在の日本と状況が似ている。

関連記事

イルミナティカードに東京オリンピックの未来が予言されていた!?






新潟の地震は55年周期なのか、その辺分析が待たれるところだ。

また、アトラスに1年半前に掲載された「地震の震源が南から北へ移動している」という指摘もなかなか興味深い。

(中村昭代 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る