行方不明だったゆるキャラ「ちぃたん☆」、人知れず復活していた!?


2019年1月、高知県須崎市の観光大使をつとめていたゆるキャラの「ちぃたん☆」が任務を解任されるという、ちょっとした騒動があった。

この余波で今年4月から放送を予定していた、「ちぃたん☆」のアニメ版も制作が中止(https://mnsatlas.com/?p=44703)になるなど、騒動は更に由々しき事態になっていた。

そんな「ちぃたん☆事件」から早5か月が経ち、ちぃたん☆の個人Twitterが凍結する騒ぎもあったことで、世の中では既にちぃたん☆のことなど半分忘れられている感もあるようだ。



しかし、アニメ制作中止から遡る事、1か月前の3月未明、「ちぃたん☆」にそっくりなキャラクターが、ネット上に現れたと一部では話題になっていた。

そのゆるキャラクターは「ぴよこ しゃちょう」(@bugragulcanim)と名乗っている。






見た目は全身ピンク色でコツメカワウソがモデルの「ちぃたん☆」とは似ても似つかない外見をしているが、体を張った動きや公園の遊具を使ったネタツイートの数々は、我々のよく知る「ちぃたん☆」そのものであり、「もしかして正体はやはり…」という噂が世間で渦巻いているというのだ。

もし噂ではなく、本当のことであるならば、まるで昭和の覆面プロレスラーがしていたようなバレバレの変装スタイルである。しかし、考えようによっては、「ちぃたん☆」も令和の時代に入り、ツキの無かった過去を捨ててイメージチェンジを果たそうとしているのもしれない。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©ぴよこ しゃちょうTwitter より 


関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る