その数、なんと7万人…21世紀、イギリスの「魔女」が増大化





欧州ではかつて魔女狩りの嵐が吹き荒れたが、数百年後の現代ではむしろ魔女の数が増えつつあるという。

特に魔女の人口が増加しているのはイギリスで、魔術を習熟しようとする人々がSNSをはじめとしたソーシャルメディアサイトを拠点に、呪文やスピリチュアル系の知識の交換を行いあっているという。

関連記事

ロシアの魔女の一団がプーチン大統領激励の「儀式」を動画で公開!






特にInstagramでは魔女の活動が活発で、効果のある呪文詠唱の様子や魔術に用いる大釜や祭壇といった設備の写真や動画が掲載され、人気の魔女はなんと20万人ものフォロワーを持っていることもあるという。

単にネットでの活動だけに留まらず、最新の国勢調査によればイギリスでは実に7万人もの人々が正式に魔女という職業に就いて活動もしているというのだ。

一般人だけでなく音楽アーティストのLana Del ReyやAzealia Banksも本業の合間に魔女になる修行をしていると明らかにしており、社会的認知の幅が広がっているようだ。

関連動画
魔女になろうと決心した理由|ティーンヴォーグ






そもそもイギリスは欧州の中でもケルトの伝承や妖精の存在を信じている人が多いお国柄。人々が現代になって魔女になろうと思ったり、悩み事の解消を魔女に頼んだりするのは一種の先祖返りと言えるかもしれない。

興味のある人はネットで直接接触してみるのも面白いかも?

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Enrique Meseguer PIXABAY


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る