直立した葉巻型?イングランドで確認された奇妙なUFO





イングランドにて、かなり変わった形状のUFOが目撃されて話題になっている。

問題のUFOは5月23日の午後6時38分、イングランド東部のリンカーンシャーにあるCollege Closeで撮影されたものである。






現地在住の人物が自宅の裏庭から撮影したもので、空には奇妙な白い物体が浮かんでいることが解る。一見葉巻型UFOが縦向きになっているようにも見えるが、拡大してみると凹凸がある歪な形をしている事が解る。まるで直立した人間のようなシルエットをしているようにも見える。

撮影者は、「リンカーンシャーの空を北から東へ向かって動いていました。かなり高く、適度に速く動いており、非常に大きいもののように見えました。私はこれが何であるかわかりません。たぶん気象気球ではないかと思いますが、何とも言えません。多分ネットルハムの方から飛んできて、街の東へ飛んでいったと思います」と語る。




現地の人々からは「この地域でこのような飛行物体は見たことがない」とする意見が寄せられていた。

確かに撮影者の証言通り、気球である可能性もあるが、このような形状の気球は宣伝用のアドバルーンだったとしてもあまり考えられない。果たして、正体が明らかになる日は来るのだろうか。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Simon Carrison



関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る