【放送事故】『水ダウ』で疑惑の暴行…板東英二、ブチ切れた!?


2019年6月12日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系列)に於いて、シャレにならない「暴行事件」が発生したのでは?と話題になっている。

この日放送されたテーマは、「中継先にヤバめ素人が現れてもベテランリポーターなら華麗にさばける説」。これは、タイトル通り、ロケの最中に番組の用意した虚ろな目をした一般客が乱入、ベテランのレポーターがその妨害に負けないようロケを進められるのか、というものだった。

関連記事

『水曜日のダウンタウン』放送事故…カマを持った武装仙人、血眼で大暴れ!





ターゲットとなったレポーター陣は吉村明宏、林家きく姫、ミスターちんなど、ベテランばかりで、彼らによる流石のテクニックで乱入者を優しくいなしていく様子が放送された。

そんな中、問題となったのが、最後に登場したタレント・元野球選手の板東英二だった。

板東は芸歴こそ長いが、この手のレポートに慣れていなかったようで、不審な乱入者に対し明らかに不機嫌な顔をした挙句、カメラに写らない場所でこの乱入者を突き飛ばしたりと、かなりヤバ目の展開に。




この様子を一部始終を映していたVTRについては、「流石にOAに乗せるわけにはいかない」となったようで、スタジオでのみ紹介されることになった。なお、スタジオでは出演者と観客一同が阿鼻叫喚となるほどの凄まじい画が流れていたという。

なお、オンエアでは板東のパートはVTRの早送りとして処理されていたことから、スロー再生すると何があったのか(一部分だけ)確認することができた。それらを見る限り、どうやら板東が番組スタッフらしき人物に殴りかかるかのようなシーンが垣間見えるのである。このことから、不審な乱入者を制止できなかったスタッフに対して坂東が激昂、暴力沙汰を起したのではないかと想像できるのだ。

『水曜日のダウンタウン』での暴力事件といえば、これまでにもアニマル浜口が本気で怒ってしまい、あわや大事故になる寸前だった過去もあり、今回の板東による事件も『水曜日のダウンタウン』史上に残る、実に危険な回だったのではなかろうか。




≪こんな記事も読まれています≫
視聴者絶句…『水曜日のダウンタウン』老練漫才師、殴り合い寸前大喧嘩!?
「水曜日のダウンタウン」の芸人誘拐監禁企画、110番通報で警察が動いた!

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©JarkkoManty PIXABAY


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る