幻のファミコンソフト『ジャングル大帝』


以前、ATLASでは発売中止になったとされたファミコン向けテレビゲーム『少年魔術師インディ』の試作ROMがインターネットオークションで150万円の高値で取引されたことを報じた。

さて、今回は『少年魔術師インディ』と並び「未発売ゲームソフト」として圧倒的な知名度を持つファミコン用ソフト『ジャングル大帝』について紹介したい。

関連記事

最高額は150万円!?発売中止となった幻のファミコンゲームたち

本作は手塚治虫の原作漫画『ジャングル大帝』をアクションゲームとして体現させた作品だ。1991年秋にゲームメーカーのタイトーから発売される予定だった。



『ジャングル大帝』のファミコンゲームの発売に関して、テレビCMが放送されていたほか、一部のおもちゃ屋には販促用のチラシなども置かれていたといい、この頃はかなり完成に近づいていたようである。

なお、ゲームの内容はアニメ版と同様に、アフリカのジャングルで生きる白ライオンのレオを中心とした物語だが、オリジナル要素も多く、シナリオを手塚治虫の息子で映画監督の手塚眞が担当することが発表されていた。

ところがファミコン版『ジャングル大帝』はいつの間にか続報がなくなり、ゲームそのものも発売されず現在に至っている。




本作が発売中止となった原因は、開発期間があまりに長すぎたために発売時期を逃した(リメイクアニメ版『ジャングル大帝』の放送は1990年秋で終了している)のではないかと噂されていた。しかし、今現在までもタイトーからはハッキリとした理由などは何も発表されていない。

なお、本作も『少年魔術師インディ』と同じく、発売こそされなかったが、おそらく試作ROMは完成していたのではないかとの噂があり、一部スタッフや関係者には試作品が配られていたのではないかと言われているようだ。

もしファミコン版『ジャングル大帝』のROMが『少年魔術師インディ』と同じくネットオークションに出品されることになれば、『インディ』に匹敵、またはそれよりも高値で取引される可能性は高いはずである。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像©WikimediaImages PIXABAY


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る