ネッシーの正体が遂に解明!?ネス湖のDNA調査、分析終了!





昨年、本アトラスではニュージーランドの科学者がネス湖でDNA調査を行う予定だと報じた。

ニュージーランドのオタゴ大学のNeil Gemmell教授が計画していた調査で、ネス湖の水試料を採取し試料をろ過することで、水中に存在するDNAを検出、ネス湖に生息するすべての生物のDNAと比較して、ネッシーらしい未確認生物のDNAが検出できないか調査しようというものだ。

関連記事

ネッシーの存在が今年中に判明!?ニュージーランドの研究者がDNA調査






そして実際にDNA採取が行われ、分析が終了したという発表があった。

その結果、研究チームは15種類の魚のDNAとなんと3,000種類のバクテリアなどのDNAを特定することに成功したという。彼らはネッシーの正体とされる可能性がある生物として、古代生物やチョウザメ、巨大ナマズを上げ、比較を行った。

果たしてネッシーのDNAは検出されたのか……。Gemmell教授は以下のように語る。




「残念ながら、今回の結果は未知のモンスターが湖に潜んでいると信じている人にとっては残念な結果になったかと思います。ですが、驚くべき発見もありました。我々もネッシーの正体について仮説を上げていましたが、どうやら一つが合っている可能性が高いです」

ということは、前述したいずれかの生物のDNAが検出されたということだろうか。ネッシーの正体が何なのか、遂に長年の謎に結論が出る日も近いのかもしれない。

関連動画
Loch Ness Monster Caught On Tape (In Real Life FOOTAGE) Nessie Monster

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©TrendTube YouTube


関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る