最高額は150万円!?発売中止となった幻のファミコンゲームたち





2019年5月末、日本国内のテレビゲームファンの間で衝撃が走る出来事があった。

1990年代前半に発売が告知されていたにもかかわず、急きょ発売が中止になった幻のファミコンソフト『少年魔術師インディ』というゲームソフトが突如、何者かによってインターネットオークションへと出品され、なんと150万円という金額で落札されたのだ。

関連記事

【都市伝説】ファミコン版『タッチ』隠された史上最悪サイテーのパスワード

『少年魔術師インディ』は双葉社から発売された、同名の人気ゲームブックをテレビゲーム化したもので、いくつかのファミコン雑誌やチラシなどに「1993年12月発売」と告知されたが、最終的に発売されず、ゲームマニアの間で幻のソフトとなっていた一本である。



大々的な広告を打ちながらも販売されなかった理由は今も明らかになっていないが、発売が1993年12月と、ファミコンソフトとしては後発(※既に当時、任天堂はファミコンの後継機「スーパーファミコン」を発売していた)だったため、最終的に発売が見送らてしまったのではないかと考えられてる。

以来、ゲームファンの間で『少年魔術師インディ』は完成前にお蔵入りになった作品として圧倒的な知名度を得るに至り、その存在はゲームファンの間で伝説と化していた。

なお、商品として流通しなかったために、『少年魔術師インディ』完成していたのか、未完成のままデータ破棄されたのかはわかっていなかった。しかし、今回の出品により少なくとも、試作ROMまでは作られていたことが判り、ファンを騒然とさせた。




今回落札された150万円という金額は、過去インターネットオークションで出品された未発売ソフトのなかでも最高額であるとされている。

なお、この他にも未発売となったファミコンゲームとして手塚治虫原作の漫画『ジャングル大帝』のファミコンソフト版(※CMが放送されたが発売中止)『FC坂本龍馬』(※坂本龍馬を主人公としたテレビゲーム)などが著名である。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像©写真素材足成


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る