高橋尚子マラソン都市伝説、夜中に何かあると良い記録が出る!?





2019年5月29日、日本テレビ系列で放送された「衝撃のアノ人に会ってみた!」にシドニーオリンピックのマラソンで金メダルを獲得した高橋尚子が出演した。

そこで興味深いエピソードが披露された。

関連記事

不思議なアスリート野口みずき、ツチノコと石神さんのおかげで金メダル!?



彼女は1日80キロも走り、ふくらはぎの方が太ももより太く、体内の鉄分が常人よりはるかに多いため、空港では何も身に付けていないのに金属探知機が反応してしまったというのだ。

また、「夜中に何かトラブルがあると良い記録が出る」というジンクスがあると証言していた。

階段から落ちて頭から血を流すと世界記録で優勝したり、蛇に噛まれると好記録が出て世界大会の出場が決まったり、唐揚げを食べて喉に骨が刺さり耳から血が出た後、大会で優勝したりしていたらしい。

(中村昭代 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『Number Do(ナンバー・ドゥ)vol.27 高橋尚子責任編集 あなたはもっと速く走れる! (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバー プラス))





関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る