何かのお告げだろうか…雲の中からイエス様が現れた!





雲の中にイエス・キリストが出現したという画像が、ネット上で広がっている。

問題の画像は先日、ある女性がアルゼンチンのSan Salvador de Jujuy市で撮影したものである。青空には白い雲と射し込む光がまるでブラジルのリオデジャネイロにある有名なキリスト像を思わせる姿が現れている。

関連動画
Christ Like Figure Appears in the Clouds over Argentina






彼女は画像をオンラインで共有し、画像を見た人々を「祝福したい」とコメントをつけた。画像は日を追う毎にキリスト教圏を中心に広がり、中には光るキリストの像にいたいばらの冠が見えると証言する人すらいるほどだ。

しかし、懐疑的な意見も少なくなく、「太陽が雲の切れ間から射し込んで来るだけにすぎないが、彼らに自分が見たいものが見えているようだ」という辛辣なコメントもある。

関連記事

ノートルダム大聖堂の火災中、「イエス・キリスト」の姿が浮かび上がった…






また批評家からは、一種のパレイドリアに該当するとのコメントが寄せられている。この現象は、抽象的なパターンがあれば近似の図像を脳内で関連付けて考えて見つけてしまうという錯覚の一つだ。

欧米では「イエス・キリストの再臨が2019年に起こるであろう」という噂が存在しており、それも画像が広まるのに一役かったようだ。

偶然の産物にしろ、奇跡的なこのワンショットの人気はまだしばらくは続きそうだ。

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©ShantiUniverse / YouTube


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る