【放送事故】「ラジオビバリー昼ズ」立川左平次の個人電話番号がさらされた!





2019年5月19日(日)13時30分より、横浜にぎわい座にて「横浜のサヘイジ〜立川左談次追善落語会〜」が開催され、大変な盛りを上がりを見せた。

というのは、まだ当日券が余っていたため、立川左平次が2019年5月17日、ニッポン放送で放送された「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」で宣伝をしてもらったところ、スタッフの勘違いで告知文のメモに書かれていた左平次の個人的な電話番号も読み上げられてしまった。




放送後ファンから電話が殺到、電話をかけたファンも左平次本人だとわかるとついつい話し込んでしまい、30分から1時間話してしまう猛者もいたと言う。すっかり疲れ果てた左平次は高田文夫に対して「いやー25人が限界です」とつぶやいてしまった。

結果的には大入り満員になったが、これが洒落のわかる落語家ではなくアイドルだったら大変なことになっていただろう。本日放送された番組では、番組MCの高田文夫が爆笑しながら今回の騒動を話していた。

それにしても今回の顛末、追善される立川左談次も天国で苦笑いを浮かべていることだろう。

(中村昭代 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©高田文夫のラジオビバリー昼ズ ニッポン放送 公式ウェブページ より





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る