人権無視?の十三商店街、お買い物に行くとプライバシー侵害される…





2019年5月10日に放送された読売テレビのニュース番組「かんさい情報ネットten」にて、性別を確認するロケが社会問題となっているが、様々な業界や人々によって喧々諤々、SNSNは炎上状態である。

これは、大阪の十三の商店街で「犬を散歩させている若者が女性なのか男性なのか」を確かめてもらいたいという依頼を受けて、藤崎マーケットが取材に行ったロケVTRが「人権無視である」「ジェンダー問題が取り上げられている昨今、不謹慎である」「男だろうが、女だろうが関係ない」と大反発を受けてしまったのだ。

関連記事

とり野菜みそCMで注目、東村アキコ作品「ヒモザイル」強制終了!?の過去






さらにトラブルは新たな方向に飛び火している。

この調査を依頼した商店街の女性に対して「この女性が一番不謹慎だ」と批判が広がり、彼女の氏名や店の住所が特定されてしまっている状態だ。また、十三商店街に対しても「商店街を訪れる客をそんな目で見る商店街はとんでもない」「プライベートを暴かれてしまう商店街にはいかない」という批判的な意見がネットではあげられている。

この問題は、まだまだ尾をひきそうである。




関連動画
読売テレビが謝罪・・・“胸触って性別確認”企画に批判(19/05/13)

(串田圭介 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©読売テレビ 公式ウェブページ より


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る