フランスにて謎の碑文、解読できた人には懸賞金!





古代の人々が記した古文書や謎の文章。何が書かれているのか容易には判読できない文字というものは、歴史のロマンを感じさせてくれる。

現在フランスのある村で、「昔から伝わる謎の碑文」を解読できる人を募って注目を集めている。解読できた人には2000ユーロ(約25万円)の賞金が出るとのことだ。

関連動画
Finistère : le mystérieux rocher de Plougastel






問題の碑文はフランス北西部ブルターニュ地方プルガステル・ダウラ村のはずれに存在するもの。逆さまになったアルファベットや、他国の文字らしきものが独自の組み合わせで掘られており、今のところ誰も解読できていないのだという。

よく見ると1786年と1787年という年号が掘られており、この文章がおそらくフランス革命が起きる数年前に刻まれたと考えられている。




この碑文を研究した人々によれば、付近に存在する港湾都市ブレストを守るために建てられたコルボー要塞などの砦や砲台の建設年と合致する上、文章とともに帆船やハートマークも刻まれているため、何らかの関係があるのではないかとみられている。

果たして、この碑文を解読する人物は現れるのか。興味がある人はチャレンジしてみてはいかがだろうか。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©CNEWS / YouTube


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る