変形する四角形UFO、ついにアメリカ出現!





アトラスではこれまでにも何度か新しいタイプのUFOを紹介している。

最近目撃証言が増えている新しいUFOとしては、四角形UFOや生物のように有機的な変形をみせるもの等があるが、アメリカでその両方の特徴を備えているかのようなUFOが目撃されて話題になっている。

こちらはアリゾナ州フェニックスにて撮影されたもの。時間は昼間の2時37分、目撃者は自宅の窓から空に浮かぶ奇妙な発光体を目撃し、すかさず望遠レンズを装着したカメラで撮影を試みたのだそうだ。




関連動画
Diamond UFO Seen Over Phoenix, Arizona On April 27, 2019, UFO Sighting News.

問題の物体を拡大してみると、菱型ないしは平行四辺形のような形状をしているらしい様子が見て取れる。そして、このUFOは見ている前で奇妙に姿を変えていき、ズームアウトすると小さな雲にも見える白い発光体へと変化していくのだ。

この動画は海外のUFO研究家のJeff Woolwine氏によって記録されたもの。同じくUFO研究家のScott Waring氏は動画をシェアして「本物のUFOを記録した動画に間違いない」としている。




しかし一方で懐疑的な見方も存在しており、Kevin Duffy氏は「移動するにつれて物体が360度回転しているようだ。風に流されている単なる紙や袋だった可能性もあるが、このように直線的な動きを見せる物体は珍しい」と語っている。またRon Garland氏は「アルミ製の風船や飛行機ではないか。移動するにつれて日光の当たる角度が変わっているため変形して見えるのではないか」と語っている。

果たして真相はいかに?

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Jeff Woolwine / ET Data Base / YouTube


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る