【放送事故】令和時代初の「Mステ」、音声が流れない…視聴者もザワついた!





2019年5月10日に放送されたテレビ朝日系の人気音楽番組『ミュージックステーション』にて冒頭数十秒、VTRの音声が流れない放送事故が発生した。

この日は「令和」初放送ということもあり、ゴールデンボンバー、Hey!say!JUMP、岸谷香、きゃりーぱみゅぱみゅなど、新時代を担う若いアーティストが多数登場。

関連記事

【放送事故】ミュージックステーション、カメラマンが激突するパプニング






冒頭で簡単なVTRが放送されたのだが、アーティストたちのVTRは流れるも、音声がなぜか全く流れず、スタッフの「カメラカメラ!」という声が視聴者には丸聞こえになっていたのだ。

この映像は番組が始まってすぐだったため、テレビの不調を疑う視聴者も多かったらしく、「テレビが壊れたかと思った」「いきなり放送事故でびっくりした」という声が相次いでいた。

今年で33年目の放送となる『ミュージックステーション』。令和初っ端からサエないスタートを切ってしまったが、これからも今までの番組のような、視聴者を楽しませてくれるエンターテイメントを期待する。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像©xegxef PIXABAY





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る