二頭の犬が牛車をひく「にょうらいさん」





これもwdb広がった現代妖怪の一種である。妖怪研究家の山口敏太郎として解説を加えてみたい。

ある地方に伝わる妖怪とされる。夜間に白い犬が2頭、牛車をひいている。牛車には人間は乗っていない。つき従うのも動物ばかりで、鹿や狸、狐などがいる。狐は大きい個体と小さい個体の二頭が牛車に付き従っている。

地元の人は、これを「にょうらいさん」と呼ぶ。




これに行き逢った場合は、地面に伏せて「にょうらいさん」を見てはいけない。投稿者は動物好きであり、思わず見てしまった。するとそれ以来、夢遊病になってしまい、夜中に奇声を発したり、四つん這いで走り回ったりしたらしい。

妖怪の一種に「行き逢い神」というものがいる。「夜行さん」や「七人同行」などが代表的な存在だ。行き逢ってしまったものは祟りにえあうとされ、打ち殺される事もあった。

「夜行さん」の場合は、地に伏せて頭に草履を乗せると何を逃れると言われた。この「しようらいさん」は、「山の動物」を従えているところがら、山の神のような存在ではないだろうか。なお牛車の妖怪としては、車争いから生まれた「朧車」が有名である。




関連動画
短編蒐「田舎にまつわる怖い話」都市伝説・怖い話・怪談朗読シリーズ

他にも現在アトラスで収集している現代妖怪は次のようなものがある。「チブスマ」「「八尺さま」「めかぁ猫」「むしゃくるさま」「口裂け女」「ミカサ」「テンポポ様」「挑戦ババア」「ゴム人間」「コイヌマ様」「笑い女」「包丁さま」「顔野菜」「蓑坊主」「白ん坊」「ヒサル」「朽縄さま」「ムシリ」「とわとわさん」「隙間さん」「人面犬」「のどかみさま」「アカマネ」「ぐにゃぐにゃおばさん」「トイレの花子」「大根さん」「口裂けヨン様」「えんべさん」「ヒギョウさま」「ミヤウチさま「おっぺけ様」「ヒザマ」「福鼠」「やまけらし様」ヤマノケ」「嫌われ虫」「こだまさん」「つくし鬼」「サンコーさん」「さにゃつき」「クロスマさん「ワニ喰いワシ」つちおばけ」「ヒデキ」「アガザル」「三四郎」「カバケ」「アトイさん」「釣れないんだね河童」「つむじさんトランペット小僧」「ゴスロリ天狗」「そうめんばばぁ」「トンカラトン」「青舌」などである。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る