端午の節句の菖蒲湯は魔除け! 元々は女性の祭り「ふきごもり」?





5月5日と言えば、「端午の節供=こどもの日=菖蒲の節句」と呼ばれる。日本各地のご家庭では菖蒲湯を楽しんだお宅も多かったのではないだろうか。

今回は山口敏太郎的解釈も入れながら、菖蒲湯について解説をしてみたい。

この菖蒲湯の由来は、紀元前3世紀の古代中国に遡る。この頃、中国では「端午の節句」に薬草として菖蒲湯を楽しんでいた。 当然、これは迷信だけの話ではない。サトイモ科の植物である菖蒲の入った湯は、立派な漢方の湯治療の一種であった。わが国には7世紀、推古天皇の御代に伝わったとされる。

関連記事

恵方巻きのルーツは花柳界の慣習 遊女や芸者が旦那に見立てて食べた!






その後、発音が同じ「勝負」や「尚武」 にかけて武士の社会にも広がっていった。菖蒲の葉が刀に似ていることも武士たちに好まれた理由であるらしい。

なお、地方によっては菖蒲酒を飲んだり、5月5日の前日に枕に菖蒲を入れて眠る習慣なども見られる。菖蒲湯の菖蒲は束ねて風呂に入れるだけの地方が多いが、小さく刻んで風呂に入れる地方もあるという。

また、菖蒲に魔除けの効果があると信じられたのは、創作話の世界でも確認できる。

日本の昔話や民話で「食わず女房」や「鬼」に追跡された主人公が菖蒲の林に逃げ込んで難を逃れるというストーリーがいくつも確認できる。ドラキュラニンニクを嫌うように、強い匂いの植物は、魔物を払う効果が期待されたようである。




また、5月4日に女性が「女の家」と呼ばれる場所にこもる「ふきごもり=葺き籠もり」という習慣とも関係があるようだ。この「女の家」の屋根は菖蒲でふかれているのだ。

5月は田植えの季節である。そのため穀物の精霊を迎えるたびに、女性たちが「早乙女」として「女の家」に篭り、田の神を迎える儀式を行うのである。したがって「端午の節句= 5月5日」は、男の子のお祭りと言う意味合いではなく、元々は女性のお祭りであったのだ。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©山口敏太郎 山口敏太郎タートルカンパニー


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る