【都市伝説】2019年「寅さん復活」予言されていた?あの芸人の本名にヒント?





2019年5月1日に改元が行われた令和という元号にはこんな都市伝説がある。

それはお笑い芸人『メイプル超合金』のカズレーザーの名前に関する都市伝説だ。カズレーザーは本名を金子和令(かずのり)といい、「和令」という名前は逆さにすると「令和」となる。そのため、「カズレーザーの両親は令和を予言していた?」「カズレーザーは令和時代の使者ではないか」など様々な都市伝説が巷では囁かれていた。

そんなカズレーザーと令和のリンクは他にもある。以前、ATLASでは「カズレーザーは昭和の喜劇俳優・渥美清の生まれ変わり」なるトンデモ都市伝説を紹介している。これはただ単にカズレーザーと渥美清の顔が似ているということから生まれた話だが、令和時代になって改めて、この都市伝説に対して、ただの笑い話から徐々に信憑性が増してきたという。




それは、映画『男はつらいよ』とのリンクだ。

今年2019年末、松竹は1997年に上映された『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』を最後に、以来22年ぶりの寅さん映画となる『男はつらいよ50 おかえり、寅さん』(仮題)を公開する。

『男はつらいよ』は主演の渥美清が亡くなって以降、新作が作られてないが、今回『男はつらいよ』オリジナルキャストである倍賞千恵子、前田吟、吉岡秀隆らが集結し新作映画として復活することとなった。




関連記事

【都市伝説】『男はつらいよ』新作に渥美清が蘇る!?発表前、謎のCGモデルが投稿…

公開は「令和元年」となり、まさに「新時代の寅さん」の誕生であり、カズレーザーの本名も含め、令和寅さんの復活は既に予言されていたのではないか、と噂されて始めたわけである。

現在、カズレーザー本人が『男はつらいよ』に登場するという話はないそうだが、追加キャスト発表の折には「もしかしたら」車寅次郎=渥美清というキャスティングがいよいよ現実味を帯びてくるかもしれない。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成


関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る