「アメトーーク!」差別問題!釜ヶ崎あいりん地区と混同、昭和の西成高校の話?

画像は©アメトーーク! | テレビ朝日 公式ウェブサイトより




2019年4月19日、テレビ朝日系列で放送された『アメトーーク!』で、「高校中退芸人」(2月14日放送)という企画の際に大阪の西成高校への誤解を招く発言があったと謝罪がなされた。

該当の放送回では、西成高校出身の女性芸人が「卒業するときには9クラスが5クラスになっていた」「窓ガラスは割られてしまうのでガラスではない」「机と椅子がくっついているのは、生徒が椅子を投げるから」と面白おかしく披露した。

勿論、これは芸人特有のネタトークであるのだが、放送後ツイッターが荒れに荒れた。中でもこの放送に西成高校の現役生徒やOBが敏感に反応した。




「中退者が多いのは事実だが5クラスまで減っていない。6クラスや」
「西成と釜ヶ崎あいりん地区を一緒にするな」
「今はそこまで荒れてない。昭和の伝説やん」

いくらネタと言えども、 現役の生徒やOBが傷つく内容は放送するべきではなかった。テレビ放送は全ての差別に細かい配慮をしないとならない。

(串田圭介 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)





関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る