ミスターサンデー「ノストラダムス特集」、江川紹子に動きなし!オウムに利用された予言





2019年4月7日、フジテレビ系列で放送された「ミスターサンデー」において、ノストラダムスの特集が流れた。

ノストラダムスと言えば「1999年に人類が滅亡する」という終末予言が日本中で取り沙汰され、子供時代にトラウマになった人も多い。まさに平成初期を飾ったホットな話題であると言えるだろう。

関連記事

来年から第三次世界大戦が27年続く!?ノストラダムスが予言する2019年






先日、テレビ朝日「報道ステーション」において、「ユリ・ゲラー= オウム」「ユリ・ゲラーを放送するなど報道ステーションは報道番組ではない」と噛み付いた江川紹子氏は、今回はどんな気持ちで眺めているのであろうか。そもそも「ミスターサンデー」を報道番組だと思っていないのだろうか。(ちなみに筆者は、ミスターサンデーを毎週見ているが、経済や政治のニュースを扱う楽しい情報バラエティーと思って見ている)

まだ可愛げのあるユリ・ゲラーに比べて、ノストラダムスの終末予言が子供たちに恐怖心を与え、どれだけオウム真理教の信者の洗脳に利用されたのか、彼女はよく知っているはずである。




どちらにしろ、ノストラダムスを再解釈する動きが一部の専門家にあるが、筆者個人としてはこの動きに批判的なスタンスをとっている。あくまでノストラダムスのセンチュリーは、文学作品として評価するべきであり、オカルト作品として恐ろしげに取り上げるものではない。

人を不安にさせ恐怖に陥れるオカルトは、もういらない。作り込まれて安心して見れる「明るく楽しいオカルト」が今こそ必要なのだ。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Free-Photos in PIXABAY


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る