【お茶の間騒然】話題の人物、保釈翌日『クレヨンしんちゃん』に同名キャラ登場!





2019年4月4日、コカインの摂取で麻薬取締法違反の罪で起訴されていたピエール瀧(51)が警視庁東京湾岸署から保釈された。

逮捕から23日ぶりに署内から姿を現した瀧は、心なしか頬がこけて少し疲れたような様相だったが、集まった報道陣やファンら約200人の前で暫くの間、深々と頭を下げ謝罪した。謝罪後、瀧は関係者が用意した黒のワンボックスカーに乗り込み湾岸署を後にした。

ミュージシャン、また売れっ子俳優として、数々の映画・ドラマに出演し続けた瀧に関するニュースは逮捕後には連日のように扱われていたが、とりあえずは今回の保釈後に行われる裁判までは一旦収束するのではないだろうか。




さて、保釈から一晩が経過した4月5日、放送されたあるテレビ番組の中で、見ていた視聴者が思わず翻筋斗(もんどり)打つようなシーンが放送されていたようである。

その番組とは、子供向けアニメの『クレヨンしんちゃん』だ。

関連記事

人気アニメ「クレヨンしんちゃん」ボーちゃんの本名、ついに明らかになる!

同日に放送された『クレヨンしんちゃん』の2本目のエピソード「トレビあ~んだゾ」というお話にて、驚くことに「ピエール」という新キャラが登場したのである。

このピエールというキャラクターは、名前の通りフランス人(かぶれの怪しい外人)で、しんちゃんの住んでいるカスカベで、ワッフル店を営む店主という役柄だ。世間を騒がせている「ピエール瀧」とは名前以外まったく関係がないのだが、この放送前日がなんの因果か、瀧の保釈日だったためにはからずも2人のキャラクターが頭の中で被ってしまった視聴者が続出したようだ。




ネット上では「このタイミングでピエールとは……」「急にピエールとかいう新キャラ出てて笑った」など話題になったいたようだ。

アニメは放送の2~3ヶ月以上前に脚本を含む製作が完了しているのが通常なので、恐らく瀧が3月にコカインで逮捕されることはまさに想定外の事態であったことだろう。

今後、『クレヨンしんちゃん』にワッフル屋のピエールがキャラクターとして定着するのか、どうかはわからないが、是非とも再登場を期待したいところである。

なお、ピエール瀧に関する過去のアーカイブには、「本命逮捕がすぐにある!?」「電気グルーヴ周辺でドラッグ蔓延!?」「モーリー・ロバートソン、『80年代にコカイン吸った!』」「ピエール瀧の娘が不遇」「瀧の十八番オラフの代役決定!?」「ピエール瀧出演映画の差し替えがまさかの…」「静岡県民、ピエール瀧逮捕に『しょんない!』」「ディズニー激怒」「新井浩文が瀧の逮捕を予言!?」「ピエール瀧逮捕で出演作品関係者が大揉め」などがある。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『クレヨンしんちゃん クドいゾ! 濃い~キャラ大集合スペシャル (アクションコミックス(COINSアクションオリジナル))


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る