人では歩くことさえ不可能な雪深い山道、そこを行くのはやはりビッグフット…





こちらはアメリカ・ユタ州Wasatch RangeのLoan Peakにて撮影されたものである。

動画には雪雲がかかった山の様子が捉えられているが、そんな厳しい環境の中でも山を歩く、人間のような生物の影が写りこんでいる。

関連動画
Lone Peak Bigfoot Video






こちらの動画を撮影したカメラマンのTanner Hargis氏は、3月23日に自宅の裏庭から山を見た時にこの生物を発見。すぐさまカメラを持ち出して撮影したという。このとき彼と生物までは少なくとも7マイルは離れていたが、その体は大きく有名な未確認生物を思わせるものだったらしいのだ。

撮影者のTanner氏は、自分が撮影してしまった生物の正体を知るためにアメリカのビッグフット研究団体に連絡したという。

彼は「この生物は誰もが気軽にハイキングできない場所を軽々と歩いているようだった。標高は海抜約8,600フィートの地点だったはずだが、この生物は斜面を軽々と。昇っていた。生物の大きさは2.4メートルあったように思う」と言った。




相談を受けた研究団体Rocky Mountains Sasquatch Organizationに所属する専門家は、現場をチェックするために専門家を派遣する前に、確かにその地点は「人間が悪天候の中歩いて行けるような場所ではない」と同意を示している。

この動画は、YouTubeチャンネル『ロッキーマウンテン・サスカッチ・オーガニゼーション』にアップロードされて以来、5万回以上の視聴を記録している。

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Rocky Mountain Sasquatch Organization / YouTube


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る