NHK「あさイチ」、不自然な韓国特集 「捏造放送だ!」と視聴者猛反発





2019年4月3日、NHKで放送されている「あさイチ」で、不自然な韓国推しが行われた。このことから、視聴者から猛反発を受けてしまい、「あさイチ」がTwitterでトレンドランキングに入るといった珍事が発生した。

その不自然な特集というのが「最新中高生トレンド なぜいま韓国ブーム」というもので、韓国のファストフードであるチーズドッグや、韓国コスメなどが人気であると韓国を持ち上げた。さらに、今時の女子高生は休日になると新宿区の新大久保を訪れ、韓国製のインスタントラーメンをお土産に買い、Twitterでは「韓国人になりたい」とハッシュタグつけることがあると述べたうえ、若者の間で韓国ブームが来ていると放送したのである。




番組内ではMCの博多大吉が率直に韓国ブームへの疑問を呈したが、「あさイチ」視聴者はさっそくこの番組企画に猛反発。番組放送中にも関わらずSNSでは、「世論誘導で「ありもしないブーム」を捏造した虚偽放送だ」と大炎上したのだ。

ネットでは、この企画を立てたスタッフの個人特定作業を行なっている人物もおり、スタッフの誰かが意図的にゴリ押しした可能性が指摘されている。この番組での不自然な企画から視聴者から好感度の高かった「あさイチ」も完全にイメージダウンをしてしまった。

戦後、何度賠償しても、国内の政権支持率が落ちる度に日本への慰謝料の請求を繰り返し、その上に世界各地に慰安婦像を建立し、戦犯企業ステッカーを企画する韓国にNHKが不自然な持ち上げをする必要はない。

(松田ケン ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成





関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る