証言はホントだった!?2045年からきた未来人を嘘発見器にかけてみた…





本アトラスでもたびたび紹介している未来人。彼らはネットで時には動画インタビューに答えて未来の事について語っているが、真実を伝えているのだろうかと気になるものだろう。

そんな疑問に未来人が答えた動画があげられた。

これまでにも未来人に関する動画を多数上げてきたオカルト系YouTubeチャンネルApexTVでは、未来人を嘘発見器にかけた状態でインタビューを試みたのだ。問題の未来人はAdam Archonと名乗る人物で、2045年から来ていると主張しこれまでにもいくつか未来について語っている人物だ。

それにも関わらず、彼は衝撃的な証言を行っている。

関連動画
2045年から来たタイムトラベラーにウソ発見器をテストした






「エイリアンが2028年8月に地球に着陸したのは本当です。私たちは2028年より以前にエイリアンの存在を知っていましたが、それが公に明かされるのは2028年までありません」

また、タイムトラベルに関する質問については、同じく2028年に公にされたと語る。しかし実用化されたのは1981年以来だそうだ。また、彼は次の米国大統領がキング牧師のの孫娘だと主張、いずれの未来の証言についても嘘発見器はクリアしていた。

しかし、視聴者からは懐疑的な見方もある。




「彼が自身の嘘を信じ込んでいるならば、嘘発見器は嘘をついているとを検知しないだろう」という意見や、「動画を見ると嘘発見器はノートパソコンに接続されているようだ。その画面が明らかになっていないので、嘘発見器の実際の結果をごまかしている可能性もある」という意見もある。

果たして、真実を語る未来人は存在しているのだろうか?

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©ApexTV / YouTube


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る