巨大サメの頭部が食べられた!どんな生物がここには生息するのか?





オーストラリアの漁師が、巨大なサメを釣り上げることに成功。

しかし、そのサメの頭部がまるで更に大きな生物によって食いちぎられていたようだったため、驚かずにはいられなかったという報告が上がってきて現地で話題になっている。

漁師の男性はオーストラリアのニューサウスウェールズ州沖合いで釣りをしていたという。




当初、かかった獲物はフルサイズのヒメマカザメ – 体長4.5メートルにまで成長することができる種 – のように見えたという。しかし、すぐにそのサメには体の重要な部分、頭部が欠けていることが明らかになった。彼はFacebookに写真を挙げて報告。

関連動画
オーストラリアの沖合で、より大きな生物によって食いちぎられた頭だけで見つけられた巨大サメ






「残念ながら、何がこのサメを食べてしまったのかはわかりませんでしたが、とても印象的でした」

彼の発言と写真は注目を集め、どんな巨大な生き物が大きく獰猛なサメの頭を噛んでいったのだろうか、と様々な議論が起こっている。中にはメガロドンなどではないかとする説もあるが、単純にホオジロザメが原因である可能性もあると考える人もいる。

(田中尚 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©UFOmania – The truth is out there / YouTube


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る