妻に手を上げるのは日常的…超大御所ミュージシャンA、重病を患って薬物卒業!?





ヒット曲を多数持ち、人気ドラマのテーマソングも手がけている国民的ミュージシャンのAにDV(ドメスティック・バイオレンス)の噂が立っている。

マスコミ関係者やテレビ関係者には腰が低く、当たり障りのない振る舞いをする人物だが、身内には数多くの暴力行為を行っているらしいのだ。

関連記事

暴力イケメン俳優B、DV被害者の女性が遂に週刊誌に駆け込んだ!






Aの妻は控えめな性格で、常に夫を立てているという。しかし、Aは下手に出ている妻に対し図に乗り、作曲がうまくいかないときや仕事でストレスが溜まったときなどは、彼女を殴り続けるといわれている。

事実、妻は殴られてはれ上がった顔のまま、仕事場へ姿を見せることもあるそうなのだ。この様子を少なからずの関係者は見ているという。

Aは、以前に悪性腫瘍が内蔵に出来てしまったことがある。若い頃より薬物各種を常用的に摂取しており、その影響により粘膜がやられ、腫瘍が悪性化してしまったと囁かれていた。




なお、それ以来、さすがに怖くなり薬物は止めているらしい。そのためストレスが解消できず、身内に暴言を吐いたり暴力をふるったりして自分をコントロールしている状態だといわれている。

果たして国民的ミュージシャンAが再び薬物に手を出すなどして逮捕される日は来るのであろうか。

≪こんな記事も読まれています≫
人気ミュージャンC暴力ツアー、殴られたスタッフが骨折&失明危機!?
俳優Bが暴言!「おまえらパンピーとは違うんだよ」一般人を侮辱、完全無視

(松田ケン ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Gerd Altmann in PIXABAY


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る