宇宙ステーションに謎の構造物が接近!?衝撃の瞬間がライブフィードに





地球の衛星軌道上を周回している国際宇宙ステーションは、宇宙に近いだけあってライブカメラにUFOらしき奇妙な物体が捉えられることが少なくない。

大半は宇宙ステーションから離れた所を飛行している様子が捉えられるものだが、今回はかなり至近距離に接近していたらしいことが判明して話題になっている。

問題の物体はNASAによるインターネットライブ動画に捉えられていた。

関連動画
HUGE UFO ‘Seen Monitoring ISS’ as NASA Cuts LiveFeed Camera, Shock Claim!






日光の反射で浮かび上がったようで、色は茶色っぽく宇宙ステーションから約30~50メートルしか離れていなかったものとみられている。かなり大きく、はじめは筒状だったこの物体も動画の後半でより焦点が合ってきて、もう少し複雑な造りになっていたことがわかるものとなっている。

このオブジェクトが人工的なものであるかは判明していないが、「こうのとり」などの輸送船や宇宙ステーションの一部などではない事は間違いないという。ならば、この物体はUFOだったのだろうか?

だが、レンズ内の屈折なども考えられるため、現状では正体は不明のままとなっている。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©The Real MLordandGod / YouTube





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る