【サザエさん都市伝説】オープニング映像の最後にタマがフライングしたら幸せになる!





アトラスでは数々のサザエさん都市伝説を紹介している。

磯野家の愛猫・タマに関する都市伝説もいくつか掲載した。季節によってオープニングの最後でタマが飛び出してくる果物が違うとか、タマはもともと捨て猫だったのだが磯野家に迷い込んできてそのままペットになったとか、実はオスでガールフレンドもいるなどを紹介してきた。




最近、サザエさんのオープニングテーマで、果物から飛び出すタイミングをタマがフライングしていると話題になっている。本来はサザエさんが飛び出した後、タマが飛び出すのが通常である。

それが今年に入り、2019年1月13日、2月24日、3月17日と3回にわたってタマはフライングしている。ちょっとしたスタッフのいたずらだと思うが、これはTwitterで大きな話題になっている。

タマのフライングは毎回でないため、「気づいた人は幸せになれる」「フライングだけに人に先んずる成功を収める」と言う都市伝説が流れ始めている。これはなかなか面白い現象である。




なお、アトラスでは「サザエさん」に関して、「雛人形の呼び方をワカメが間違えた。チコちゃんに叱られる」「嵐解散発表の日にサザエさんが予言をしていた」「新年一発目のサザエさんのジャンケンはチョキ! 25年連続」「初期のサザエさんが配信開始、トラウマエピソード続く」「衝撃のマスオサンタ事件」「サザエさん78歳タラちゃん77歳、サザエさん50周年」「高校生サザエさん、賛否両論」「タラちゃん&いくらちゃん問題発言で大論争」「サザエさん!長谷川真知子生誕100周年で終了説」「視聴者騒然!!サザエさんでついに殺人事件」などのアーカイブが人気である。

(和田大輔 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『サザエさんと長谷川町子 2019 春 (週刊朝日増刊)


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る