生命の痕跡を発見…火星地表上にキノコが!?エイリアンはこれ食べてラリっているのか☻





太陽系内で生命の存在が確認されているのは現状、地球のみである。月や火星等の惑星や衛星にも探査機が送り込まれているが、現状高度な生命体の存在は確認されていない。

だが、この度火星の探査機が捉えていた画像にキノコが複数写っている!?として話題になっている。

問題の画像はJournal of Astrobiology and Space Scienceに掲載されたもの。白黒だが地表にキノコの傘や球状キノコを思わせる物体が一所に集まっている様子が確認できる。




関連動画
New Paper Argues for Fungi on Mars

しかし、これは本当に火星に生命が存在する証拠になりうるものだろうか?残念ながら、多くの専門家らはこの物体について懐疑的かつ冷静な見解を示している。

NASAは、この物体について独自の見解を示している。問題の丸いものは地球外で確認された真菌ではなく、鉱物のヘマタイトではないかという見解を示している。




勿論専門家は、生物は宇宙や火星のような環境で生き残ることが不可能であると断定はしていない。しかし現状の火星の環境から考えると、高等な生物が繁栄できるという可能性は限りなく低いという。写っているものが生物なのか、単なる堆積物による構造にすぎないのか。見分けるのは非常に困難だが、冷静な視点と思考は必要だと言えるだろう。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Journal of Astrobiology and Space Science / UFOmania – The truth is out there / YouTube


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る