お笑い芸人A、多忙と潔癖症からヤク中まっしぐら!?逮捕ならば違約金等10億円超請求…





ピエール瀧のコカイン使用に関して、様々な波紋が各分野に及んでいる。

コメンテーターのモーリー・ロバートソンが自らのコカイン使用を生放送で告白したり、実はDJ TASAKAの国策逮捕のとばっちりであったといわれたり、騒ぎが収まる様子は無い。

同じルートをたどって、芸能界の薬物中毒者が引き続き逮捕されるという情報がある。




衝撃的なのは、関東や関西で人気番組の司会を務める売れっ子芸人のAが薬物中毒ではないのか、という疑惑が業界内部で流れていることだ。若い頃、コンビを組んでいた仲間と一緒に始めた薬物が未だに止められず、今もまとまった休みを取って海外に行っては薬物をキメているといわれている。

Aは極度の潔癖症で知られており、楽屋でも物腰が柔らかく気が小さい性格でも有名だ。その気の弱さをカバーするために、薬物に手を出していると噂されているのである。

撮影現場でも時々、ピントのハズれた発言をしたり、暑くもないのにものスゴい量の汗をかいたりかいたり、時折会話のキャッチボールが出来なかったりするが、それらはすべて薬物の影響からだといわれているのだ。




もし、この売れっ子芸人Aが逮捕された場合、所属事務所には10億円を超える損害賠償が発生する可能性がある。関西では好青年として知られるAだが、その心の闇は恐ろしく深いようである。

なお、コカイン使用で逮捕されたピエール瀧に関するアーカイブには、「ピエール瀧逮捕は国策だった!?他に重要マークあり」「電気グルーヴ周辺でドラッグ蔓延!?」「モーリー・ロバートソン、『80年代にコカイン吸った!』」「ピエール瀧の娘が不遇」「瀧の十八番オラフの代役決定!?」「ピエール瀧出演映画の差し替えがまさかの…」「静岡県民、ピエール瀧逮捕に『しょんない!』」「ディズニー激怒」「新井浩文が瀧の逮捕を予言!?」「ピエール瀧逮捕で出演作品関係者が大揉め」などがある。

(松田ケン ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Dong Chan KIM from Pixabay


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る