【陰謀論…国策逮捕?】ピエール瀧コカイン事件、本命はDJ TASAKA…反安倍潰し!?





ピエール瀧がコカイン使用の疑いで逮捕され、芸能界やメディア業界が大混乱に陥っているが、まだまだ同じようにコカインを愛用しているミュージシャンやタレントがいると言われている。売人として逮捕された通訳業の田坂真樹容疑者ルートで芋づる式にミュージシャンが逮捕されると囁かれている。

そんな中で今回の逮捕劇の背景には、公安警察と厚生省の情報交換による国策逮捕があるのではないかと言う噂が流れている。というのは、あくまで本命はDJ TASAKAであり、本丸を落とす前段階としてコカイン容疑でピエールを逮捕したというのだ。

このDJ TASAKAだが、日ごろから安倍政権に対する批判的な発言が多く、反安倍の筆頭活動家でもある。国会前のデモにも参加し安倍内閣を批判するDJプレイをしていたと言うのだ。

関連記事

トンデモ陰謀論「麻原死刑は安倍内閣の隠謀!」、山本太郎もTwitterで酔狂発言!






もちろんデモは個人の自由意志でやることだが、共産党との関連が深く、大衆に影響与える存在であったため意図的に外堀を埋められたといわれている。公安は共産党とその関連グループ(デモなどを主催している個人も含む)に対する警戒と工作を強めており、今後もあらゆる容疑で様々な人物や企業が逮捕者が出ると噂されている。

反社会的な勢力に対する圧力として、今回は(厚生省の協力を得て)コカインと言う絡め手を仕掛けた陰謀であるというような指摘もされている。国策逮捕とは言いすぎのような気もしないでもないが、可能性は十分にあり得ると思われる。




よしんば国策逮捕であったとしても、実際にコカインを使用したことが悪いのであって、法律で規制されている薬物を摂取した行為は批判されても仕方ないのだが…。

なお、コカイン使用で逮捕されたピエール瀧に関するアーカイブには、「電気グルーヴ周辺でドラッグ蔓延!?」「モーリー・ロバートソン、『80年代にコカイン吸った!』」「ピエール瀧の娘が不遇」「瀧の十八番オラフの代役決定!?」「ピエール瀧出演映画の差し替えがまさかの…」「静岡県民、ピエール瀧逮捕に『しょんない!』」「ディズニー激怒」「新井浩文が瀧の逮捕を予言!?」「ピエール瀧逮捕で出演作品関係者が大揉め」などがある。

(馬鹿拓郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る